含み損増大!!ギリアド・サイエンシズ(GILD)株価真っ逆さま!!

スポンサーリンク

株価真っ逆さま!! 含み損増大!!

2月1日米国市場引け後に2021年度第4四半期決算発表があり、決算をミスしたけど掟を破って買い増しをしていました。
詳しい経緯は前回の記事をご覧いただければと思います。

ギリアド・サイエンシズ(GILD)決算発表ミスしたけど買い増しします
2月1日米国市場引け後に2021年度第4四半期決算が発表されました。決算をミスしたけど掟を破って買い増しをしてしまいました。金融相場から業績相場に移行する中で決算が大事だとわかっているんですが・・・。

その後も株価が続落して再び買い増ししました。
相場が急落して含み損が増大してしまいました。
このまま損切りまで突き進んでしまうのか??
ぜひ最後までご覧ください!!

買い増し後は一旦落ち着く

2月14日には株価が最大6.5%下落して安値付近の61.438ドルで4株買い増ししました。
翌日2月15日にはボリンジャーバンドのマイナス2シグマのバンドウォークを抜けました。
その後は株価の下落は一旦落ち着きました。

株価が落ち着いたと思ったら・・・

株価が落ち着いてからは半月ほど2ドル程度のレンジ幅で上下していました。
ボリンジャーバンドのマイナス2シグマも上昇に転じていました。
ところが3月7日に再び株価が急落しました。

3月10日に3株買い増し

株価が下落する中、3月10日に3株58ドルで買い注文して57.95ドルで約定しました。
配当権利落日が3月14日だったのでこれが買い増しの最後のチャンスだと思ったわけです。

バンドウォークが再び・・・

その後はボリンジャーバンドのマイナス2シグマのバンドウォークが再び始まりました。
3月14日までマイナス2シグマのバンドウォークが続いて株価は下げ続けました。

株価は再び落ち着きを取り戻す

ところが翌日3月15日には約1ヶ月ぶりの株価が上昇してマイナス2シグマのバンドウォークを抜けました。
それからは株価は少しづつ上昇をし再び落ち着きを取り戻しています。

スリーエム(MMM)と似たような動き

よくよく考えると先日動画をアップしたスリーエム(MMM)と似たような動きをしています。
配当権利落日に向けて株価が下げ続けて、配当権利落日後には逆に株価が回復しているんですよね。
普通、逆なんじゃなぇ!!って思うんですけどね。

含み損がぁ〜!!

株価は落ち着いて含み損も若干少なくなっています。
それでも9.73%146.12ドルとまだまだ大きい額です。

決算ミスを軽んじるべからず

チャートを見るとボリンジャーバンドのマイナス2シグマラインは下落から横向きになっています。
これでは今後どう動くのか全く検討もつきません。
これ以上下げたらと考えると不安で仕方ありません・・・。
やはり前回の動画で触れた通り、決算ミスを軽んじてはいけませんね。
まさに、THE・業績相場!!
これじゃ、配当をもらっても・・・。

スパッと損切りが定石だが・・・

これも前回の動画で触れましたが2020年6月に初めて購入しています。
長いお付き合いで酸いも甘いも経験した間柄です。
スパッと損切りが定石なのは重々承知しておりますが・・・。
ごめんなさい、やっぱり持ち続けます!!

タイトルとURLをコピーしました