悲報❗️❗️スリーエム(MMM)決算業績ミス❗️❗️目をつぶって買ったらマイナス15%下げまくる❗️❗️

スポンサーリンク

決算発表後、久しぶりに買います

スリーエム(MMM)が1月25日寄り付き前に2021年度第4四半期決算が発表しました。
決算をミスしたけど掟を破って久しぶりに買いました。
そして案の定、2月18日までマイナス15%以上下げ続けています。
金融相場から業績相場に移行する中で決算が大事だとわかっているんですが・・・。
なぜ、掟を破ってまで買ったのか?
まずは決算から振り返って行きましょう!!
ぜひ最後までご覧ください!!

2022年1月25日2021年第4四半期決算発表

 第4四半期決算前年同期
売上高$8,612,000,000$8,583,000,000
純利益$1,339,000,000$1,405,000,000
EPS$2.31$2.41

売上高は前年の85億8300万ドルから86億1200万ドルとなりました。
純利益は前年の14億500万ドルから13億3900万ドルとなりました。
EPSは前年の2.41ドルから2.31ドルとなりました。

アナリスト予想は全てクリア

 第4四半期決算アナリスト予想
売上高$8,612,000,000$8,606,700,000
純利益$1,339,000,000$1,187,300,000
EPS$2.31$2.05

売上高予想が86億670万ドルで結果は86億1200万ドルと上回っています。
純利益予想が11億8730万ドルで結果は13億3900万ドルと上回っています。
EPS予想が2.05ドルで結果は2.31ドルと上回っています。

2021年通期決算は・・・

 2021年決算前年同期
売上高$35,355,000,000$32,184,000,000
純利益$5,921,000,000$5,449,000,000
EPS$10.12$9.36

売上高は前年の321億8400万ドルから353億5500万ドルとなりました。
純利益は前年の54億4900万ドルから59億9210万ドルとなりました。
EPSは前年の9.36ドルから10.12ドルとなりました。

アナリスト通期予想は全てクリア

 2021年決算アナリスト予想
売上高$35,355,000,000$35,336,600,000
純利益$5,921,000,000$5,760,500,000
EPS$10.12$9.85

売上高予想が353億3660万ドルで結果は353億5500万ドルと上回っています。
純利益予想が57億6050万ドルで結果は59億9210万ドルと上回っています。
EPS予想が9.85ドルで結果は10.12ドルと上回っています。

高配当に目が眩んで買い増し

第4四半期決算の前年同月比で純利益EPSミスしました。
しかし通年予想を全クリアしたこともあり下落局面で買い場がやってきたと判断して久しぶりに買いました。
特に高配当で有名な銘柄の一つで以前にも所有、利確と取引したことのある銘柄です。
現在も配当利回り4%高配当を維持しています。
そして2月17日が配当権利落日だったことが買いに入った最大の理由です。

2月10日にまずは6株購入から

まずは2月10日の寄り付き後、161ドル50セントで3株購入しました。
場中に株価が下げたので160ドルで指値注文して就寝。
そして3株約定していました。
その後株価が急落し続けてその間に買い増ししました。
2月14日に157ドルで3株購入、2月16日に155ドルで3株購入、2月17日に150ドルで3株購入しました。

良い子のみんなはマネしちゃだめよ!!

最終的に15株まで株数を増やして、含み損が147ドル78セントになってしまいました。
買い増しというよりナンピンになってしまいました。

チャートを見ると下げ止まる気配なし

チャートを見ると下げ止まる気配がありません。
下げればまた買い増ししてもいいんですが、ドル現金も1,100ドル程度まで少なくなってきました。

配当権利落日を過ぎたので下げ止まった安値付近で買い増しできるまで静観したいと思います。
次は過去の投資実績を振り返ります。

2020年の投資実績は・・・

ここからは過去のブログから2020年の投資実績を振り返って見ます。
リンクを貼っておきますので読んでいただければ当時の経緯がお分かりいただけるはずです。

スリーエム(MMM)を売ってアップル(AAPL)を買う。(ちなみにテスラも株式分割発表)
1対4の株式分割を発表したアップル(AAPL)を買おうと目論んでいて、若干株値を下げたので455ドルで1株購入してしまいました。そこで購入資金を捻出すべく目を付けたのがスリーエム(MMM)です。

まずは事前情報として2020年8月31日にアップル(AAPL)が1対4の株式分割を、テスラ(TSLA)が1対5の株式分割を実施しました。

そして2020年8月の利確はアップル(AAPL)の購入資金を捻出するためでした。
次に2020年9月の利確はコロナ暴落後の2020年6月の高値付近まで戻してきたことで6株売却しました。
その後、株式分割後のテスラ(TSLA)の購入資金を捻出するために残りの5株を全て売却しました。

2021年の投資実績は・・・

2021年の投資実績を振り返って見ます。
2021年5、6月の利確の経緯はブログに記録を残していなかったので推測ですが1月に一旦下げていたので購入したのだと思います。
2月11日に配当権利落ち日があったことも最大のきっかけだと思います。
ただ1月26日の決算発表前に購入していたのは、今考えるとちょっと危険な取引だったかなと思います。
でも決算結果が好決算で発表後に一旦揉み合ってから上昇して結果的に5月から6月にかけて高値付近で売り抜けられたので良かったです。

配当実績は・・・

配当実績は税引き後で25ドル程度でした。
2020年はある程度の期間で保有していたので高配当の恩恵はまずまず受けていたと思います。
2021年も前年ほどではないですが高配当の恩恵はまずまず受けていたと思います。

過去の投資を振り返って

過去のブログ記事を振り返りました。
そこで思ったのがやはり記録は大事だということです。
今も昔もつたない文章でお恥ずかしいですが・・・。
コロナ暴落後に投資熱が冷めてブログ更新も止まっていました。
しかし今は当チャンネルの開設をきっかけにYouTubeブログの二段構えで記録を残していきたいと思います。

タイトルとURLをコピーしました