ピーバンドットコム(3559)、下降トレンド落ち着く

スポンサーリンク

前回の投稿から10日以上経ってしまいましたが、

ピーバンドットコム(3559)、とうとう下降トレンド?
今年に入って第1週目の日本相場が終わり、日経平均は年初こそ大幅下落となりましたがその後回復して高値圏を維持しています。しかし、ピーバンドットコム(3559)は去年末から下がり続け、終値ベースで高値の1,743円から現在1,440円と300円ほど下げています。

前回の株価が1,440円から今日の終値が1,342円と100円ほど下がっています。

チャートを見るとだんだんと見事な山が出来て今はその山を下山し終わったって感じでしょうかね。

近日の高値が1,839円で大きな含み益があったのがあっという間に500円ほど下がって利益確定できずにもったいない感はありますが、まぁ塩漬けになった訳でもなく一応現状も含み益はある状態です。

ピーバンドットコム(3559)の決算資料には2020年3月期は売上高は延びるものの経常利益は減額すると予想していて、その理由が業務効率化推進などに対する投資をすると掲載しています。

2月12日に2020年第3四半期決算が発表されますが、先ほどの今期の経常利益予想を考えるとあまりサプライズはなく、期末決算も期待できないことも考えると、本当に長い長い付き合いとなりそうですね。

個別のネガティブサプライズならまだ諦めも付くけど、悪いファンダメンタルズで世界相場が大崩れにだけはなって欲しくないな…

コメント

タイトルとURLをコピーしました