為替相場、急激な円安

スポンサーリンク

昨日の夕方あたりから現在110円90銭と急激に円安が進んでいます。

昨日発表された生産者物価指数や住宅着工件数の結果が良かったことで夜に入っても勢いは劣らず、NYダウや日経平均先物の上昇しています。

以前も記事で触れていましたが、ここまでの円安は予想していませんでした。

米国株を半年投資して振り返ってみる(なぜ始めたのか)
米国株に参入してから半年経ちました。これを機に半年間を振り返って、なぜ始めたのかと言うところから記したいと思います。はっきり言って始めて正解でした!!

単純に円安になることは日本相場にとってはいいことなんですが、コロナウイルスでファンダメンタルズは散々なのでそう一辺倒に日経平均が上昇とはいきません。

日経平均はやはりNYダウの影響によって左右されるのでNYダウ頼みなんですね。

一昨日の日経平均の終値の時点では今年に入って最悪な状況で所有株の大幅な下落で楽天証券の保証金率は40%を切って身動きは取れなくなりそうになっていました。

しかし、一昨日のNYダウの上昇で昨日は一転日経平均も上げに転じて所有株の評価額や信用建玉の評価額も回復して保証金率も40%をかろうじて回復しています。

そう言ってもあまり状況は変わらないわけでより一層の日経平均の回復が期待されます。

今、為替相場を確認したら111円に向けてアタックしてるようです。正直、驚きです!!

日経平均先物も160円高の23,500円となっていて明日の日経平均も期待できそうですが、個別銘柄では単純に比例して上がるわけではないので楽観視はできません。

私の現時点で唯一の期待している銘柄のピーバンドットコム。

ピーバンドットコム、1日で反落
昨日、ピーバンドットコムの決算発表通過して信用買いの200株を利確したことを記していました。そして今日はマイナス60円安の1,600円と見事に1日で反落しました。

信用建玉が多いなかで含み損が大きいけど回復が期待できると思っているメガチップス。

メガチップス(6875)、業績予想下方修正、信用塩漬け復活…
12月12日メガチップスが今期決算の業績予想を下方修正の発表がありました。投資有価証券評価損の計上が主な要因です。売上高は据え置きとなっていますが、営業利益が前回予想の1,200百万円からほぼ半減の650百万円、経常利益は前回予想の800百万円からほぼ1/3の250百万円となっています。

上記の2銘柄が上昇してくれるとだいぶ助かります。

確認したら円相場は111円を突破しています。FXで買いから入ってたらだいぶ儲かってたでしょうね。

現在の外貨資産残高評価額は890,234円です。

米国株に参入した時が775,112円だったので単純に計算できませんが増えていることは確かです。

米国株を半年投資して振り返ってみる(なぜ始めたのか)
米国株に参入してから半年経ちました。これを機に半年間を振り返って、なぜ始めたのかと言うところから記したいと思います。はっきり言って始めて正解でした!!

そういう意味では米国株に参入したタイミングはバッチリだったですね。

FXでは以前、痛い目にあっていますし、米国株の取引を今後も楽しみたいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました