米国株、ドル残金200ドル

スポンサーリンク

久々の米国株の話題です。

まぁ、いつもと変わらないんですが・・・。

現地2月7日NYダウは160ドルほど下げて推移しています。

今日は新たに現金配当が発表された銘柄から現在底値になっている6銘柄に買い注文を出して5銘柄約定しています。

これでドル残金が200ドルほどになってしまいました

2020/2/7米国株取引一覧

また現時点での所有株は約定した5銘柄も含めて28銘柄ありますが、2019年10月31日に購入したIBMが恐ろしいほど株価が上昇しています。損益率がなんとプラス14.37%!!

IBM銘柄詳細

これでも昨日から若干下がっているんですけどね。

現金配当に関しても権利落日が現地の今日なのでドル現金を増やすためにも売却しようとこの記事を書きながら考えているところです。

多分、株価の下落は権利落ちも影響しているんだと思います。

IBM現金配当

ちなみにIBMの現金配当のパターンは3ヶ月に一回なので、次の権利落日は5月7日と予想されるので一旦売却しても時間はあるんでいいんじゃないでしょうかね。

今、154ドルの指値で持ち株全部の2株を売り注文を出しました!!

発注前まで154ドルだったんですが、発注直後153.98ドルに下がってしました・・・。

でも、すぐに約定したみたい。

これでドル現金が500ドルまで戻したぞ!!と言っても焼け石に水ですが、まだ約定していないスリーエムの買い注文を1株から2株に増やそうと思います。

どちらにしても今のドル残金ではどうしようもないので様子見となりそうですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました