米国株を始めて、FXをしてた頃を思い出す

2019年8月から米国株の取引を始めてから夜更かしする日が増えました。

所有銘柄が下がればナンピン買いを実行し、利益がある程度になれば売却を実行しと、ついつい相場を追いかけて取引をしてしまいます。

最近流行っている「ほったらかし投資」も楽でいいですが、値動きを見るのって楽しいと思いませんか?

そしてふと思ったことが。

以前FXをやってた頃と同じだなと。

当時FXは難しいと思ってはいましたがやり方を知ってて損はないだろうと。

初めて大和証券でお試しでちょっと取引したことを記憶しています。

その後、ヒロセ通商で口座を開設し2009年11月から本格的に始めて、途中ゴールデンウェイ・ジャパン(旧FXトレード・フィナンシャル) 【FXTF】の口座を開設してMT4の自動売買もかじって、2016年7月まで取引していた記録が残っていました。

FX会社遍歴
FX会社 取引
大和証券 裁量取引
ヒロセ通商 裁量取引
ゴールデンウェイ・ジャパン(旧FXトレード・フィナンシャル) 自動取引

投資結果は約マイナス30万円だったと記憶しています。

FXを取引し始めた頃はドル円が80~90円前後と超円高でした。

そして2011年3月11日の東日本大震災が発生。

発生した後10月には75円中盤まで円高が進みました。

そして耐えきれずロスカット・・・。

後はアベノミクスで円相場は円安が進み今に至っています。

FXはゼロサムゲームといわれていて、負けた人と勝った人の損益が相殺されて0になります。

ていうことは、私の約30万円は誰かに差し上げたようなものです。

私的にはFXで稼いでる人はすごいなと尊敬してしまいます。

こう考えるとFXは恐ろしいなと。

それでもFXに興味がある方は私が使っていたFX会社を改めて紹介します。

FXの裁量取引(手動取引)には個人的にヒロセ通商がおすすめです。

FX取引ならヒロセ通商へ

1000通貨単位で取引ができるので初心者向けですし取引数量で毎月プレゼントがもらえるキャンペーンが実施されています。私も何度かいただきました。

スプレッドやスワップ金利も遜色なく取引環境も問題ないと思います。

取引ツールも頻繁に機能が追加されておりユーザビリティに優れています。

次にFXの自動売買ならゴールデンウェイ・ジャパン(旧FXトレード・フィナンシャル) 【FXTF】がおすすめです。

らくらくFX

こちらも1000通貨単位で取引ができ、MT4のEA(エキスパートアドバイザー)で自動売買ができます。

EAはフリーなものや購入することもできますが、自分で取引プログラムを自作することもできます。

ちなみに私はEAを自作することを目的に自動売買で取引をしました。

ただ自動売買には注意点があります。自動売買をするには常時ネット接続が必須で自宅でサーバーを立てるか、VPS(レンタルサーバー)を契約する必要があります。

代表的なVPSはお名前.comのサービスです。

残念ながら自作したEAが見つからなかったのですが、自動売買の取引履歴をエクセルで管理していたデータが残っていました。

多分、10種類以上EAを作っていたと思います。取引結果はまちまちでした。

ちょっと話が逸れてしまいましたが、上記の2社は私が使用した経験からもお勧めしたいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました