VIX上昇で利確を決断

スポンサーリンク

去年末から全資金で米国株に投資してきて余剰資金がほぼ0で買い時に対応できない状況でした。

幸いにも10%弱の含み益がありどう利確すべきか迷っていました。

5月末から利確を少しづつはじめて、VIXが6月11日の直近底値から上昇したきっかけで本格的に利確を決断!!

全資金の投資から6割まで減らし、いくつかの銘柄は少数株ながらタダ株化にして(下図の青枠の銘柄)。

以前のタダ株2銘柄(下図の赤枠の銘柄)から、4銘柄増えて全部で6銘柄になりました。

ピツニーボウズ(PBI)もB&Gフーズ(BGS)に続くタダ株に!!
以前の記事でB&Gフーズ(BGS)の保有株の1部を売却してタダ株ができたことをお知らせしました。そして前日ツイートしたピツニーボウズ(PBI)の売却注文は無事に約定できました。

ちなみにタダ株の6銘柄は高配当株で高配当が崩れない限り売却するつもりはありません。

結果、ドル現金も4,900ドルまで回復しました。

利確したことによって、監視する銘柄数が20銘柄から実質9銘柄まで減らすこともでき手間も少なくなりました。

タダ株が増えたことで今は別口座で管理できればと考えていて、マネックス証券の口座を開こうかなと模索中です。

マネックス証券

使えるツールとしてよく紹介されている銘柄スカウター米国株も特に魅力的です。

まずはマネックス証券の株式移管を調べてみてからですね。

米国株
salt-margin-traderをフォローする
投資は難しかぁ〜
タイトルとURLをコピーしました